額縁ワークショップ

20181111
きのうは原村の小さな絵本美術館八ヶ岳館で額作りワークショップをやりました。
額作りを人に教えるのは初めてでしたが、味のある額縁を簡単に作れて喜んでいただけたので、今後のワークショップの定番にしていこうかなどと企んでおります。


旅するムサビプロジェクト

20181105
武蔵野美術大学に「旅するムサビプロジェクト」というのがありまして、ときどき茅野市などへもやってきて活動されています。先日は茅野市のとある小学校で対話型鑑賞を主催されて、ぼくもちらりとお手伝いをしました。ぼくの持参した絵に、こどもたちが「高速道路宇宙」とか「空と海と夜と昼が一緒になった絵」とか、ほんとうに自由な解釈をしてくれて、聞いてるだけで楽しかったです。


がちょう

20181104
「株価への影響を考慮」して金融所得増税見送りだって。へー、そんな余裕あるんですね。だったら先に「消費への影響を考慮」して消費税増税見送りしたってよくないですか?現政権はただ富裕層を優遇したいだけという仮説がまたまた強化されてしまいました。
そして、増えた負担に比べてほんとにわずかの額の「なんとか商品券」をぶら下げれば庶民は黙ると思っているようです。それで実際に黙るんだとしたら、なんてしつけの行き届いた、お行儀のよろしいわれら市民であることでしょう。
こないだ読んだ本に、17世紀、ルイ14世の側近が「うまく徴税する秘訣はガチョウをできるだけ騒がせずにできるだけ多くの羽をむしることだ」といったと書いてありました。われわれ、ねぎ背負った鴨ならぬ、がちょうでしたか。
いま、窓辺でひよどりが鳴いてます。「朝三暮四〜」と聞こえます。





小さな絵本美術館にて

20181021
小さな絵本美術館八ヶ岳館(長野県原村)ミニギャラリーにて、作品を出展します。いままで制作したフライヤー原画の(ええと、売れ残りの)中から厳選したアクリル画、八ヶ岳に住む野鳥の木彫などなど、小さな空間にぎゅうぎゅうひしめく予定です。それから「ますとみやまART」に登場してごく一部で話題となった巨大たぬきオブジェも特別出演。ますとみやまARTを見そびれた方も、この機会にぜひご覧ください。
10/24から11/12まで。


八ヶ岳クラフト市開催!

20181021
原村といえばこれですよね。今秋も八ヶ岳クラフト市開催!
10/26から28まで。


とり / 消費税

20181016
まってー
「消費税を上げて社会保障に使ってくださる、と安倍閣下がおっしゃいました」と伝えるだけなら子どものお使いですよね。のみならず「増税による影響を抑えるために対策を指示(してくださったからありがたく思え)」だって。
ジャーナリストならちゃんとありのままに「前回の増税時にも、増税分は全額社会保障にあてるといいながら、実際は同じだけ法人税を下げ(つまり市民から巻き上げたお金を企業に差し出し)ただけで、社会保障は実質切り下げた、あの大嘘つきの安倍政権が、あのときの反省も検証も弁解もなしに、今回もまたおなじことを言ってるよ、騙されないように気をつけましょうね」と言わないとね。ぷんすかぷんすか。

画像は先日完成した絵「とり」。キャンバスに油彩。


額縁つくりワークショップ

20181015
額縁つくりワークショップやります。
11月10日、原村の小さな絵本美術館にて。
詳細は決まりしだいお知らせします。
木の自然な割れ目をいかした、ちょっとワイルド(?)な味わいのものをつくりますよ。見た目よりとってもかんたん。


鹿展

20180924
神宮前ギャラリー企画「鹿展」に出展します。ぼくは鹿の絵や鳥の彫刻など。ほかの出展作家さんの作品も楽しそうですよ。

はらむら古楽祭

20180921
はらむら古楽祭、明日からです!
https://haramura-kogaku.com/


ポスター原画を描かせていただいたのですが、いま絵を見ると描き直したい衝動に駆られます。まあ、自分の絵はいつみてもどれもそうなんですが。

平和条約

20180917
「いま思いついたんだが、北方四島はアイヌに返還しよう。いかなる前提条件もつけずに。」
というのは妄想ですが、アイヌから力と謀略で奪いし土地なれば、力と謀略でそれをまた別の異国に奪われたとて何の異議申立ての道理やあらん、とは思うのです。

画像は「青雲」キャンバスに油彩。2018年。