二人展やります

 20201026

松本のゲストハウス東屋さんで展覧会をやります。陶芸作家の河野史尚さんとの二人展です。
10月30日から11月29日まで。14:00ー18:00。
すてきなお茶の間っぽい六畳間です。
今回は実験的に、できるだけごちゃごちゃな展示をして遊ぼうと思っています。
河野さんも楽しそうな展示を計画してるようですよ。
会場は一見、勝手に入っていいのかなあとためらわれるようなふつうの民家ですが、かまわずがらがらと戸をあけて靴を脱いでずんずん入っていってください。すぐに展示がはじまります。
ぜひおたのしみに。





学問・芸術の独立

 20201005

いつもぷんすかぷんすかしてて恐縮ですが、ぷんすかついでに。

「公金を投入されたならば、研究や芸術は権力の意向に従うのが当然」という人の多さにびっくりします。公金は、学問・芸術を権力に従わせるために投入するのではありません。

権 力 か ら わ ざ わ ざ 「 独 立 さ せ る 」 た め に 公 金 を 投 入 す る の で す 。

「学問・芸術を権力から独立させることこそが国益である」というのが、先の大戦をとおしてやっと学んだ、国の大指針だということは歴史を学んだ人ならわかるはずです。これを忘れてしまったら、何のために国土を焼け野原にしたのかわかりません。
権力が研究や表現の内容に手を突っ込んではいけないのは当たり前です。これは民主主義の先進国ならどこでも共有している大前提です。
権力のイエスマンにだけ研究してもらってうれしいのは誰でしょうか。
研究や表現の内容に異議があるなら圧力ではなく言論や表現で反論すればよいだけのことです。

こんな当たり前のことを言わなければならない日がくるとは七年前には想像もしていませんでした。ぷんすかぷんすか。

「芸術の持つ力」と「学問の自由」について

 20201013

橋下徹が人文系の学者を「こやつら」呼ばわりしたあげく「社会に対して何の貢献をしているのかわからん仕事でも学問の自由の名目で許される。もう少し謙虚になれ」などと寝言をおっしゃり、それに「いいね」が1万以上ついてたりするので、これは微力ながらきちんと反論を表明しておく必要があると感じてこの文章をしたためております。
そもそも橋下とか堀江なんとかとか竹中平蔵とかいう連中のいうところの「社会に貢献」とはなんのことをいうのか?あるべき理想の社会の姿を彼らが自分の言葉で一度でも語ったことがあるでしょうか。彼らは、まっすぐ地道に暮らす善良な人たちを狡猾に出し抜いて勝者となれと、ただただ弱肉強食をけしかけているだけです。こういう彼らがどう愚劣なのかを教えてくれるのがまさに「社会に対して何の貢献をしているのかわからん」学問であるのは皮肉なことです。

芸術は、ほんとうはその「役に立たなさ」にこそ価値があるのですが、ここではそういうわけで、あえて芸術の持つ力について考えてみます。ここで言っていることは、芸術だけでなく人文学・基礎科学のような「社会に対して何の貢献をしているのかわからん」学問全般について、全く同じように当てはまります。

結論からいえば、芸術が持つ力とは、「疑う」力、そして「問いを立てる」力だと思います。それを失った人で溢れかえった国の末路は、今の日本を見ていればそのうちわかる気がします。
いま、世の中では「役に立つ」勉強がはやっていて、自己啓発本が売れたり、なんとかセミナーが繁盛したり、学校では有能な企業戦士になるための就職予備校よろしく「実学」が奨励されたりしています。ここでいう「役に立つ」とは、せいぜいお金が儲かるという意味にすぎませんが、そういう種類の知が養ってくれるのは「システムに適応する」力、「答えを見つける」力です。つまり就職できたり売上が増えたりして「勝者となる」力のことです。
一方で、望遠鏡で星を見たりニーチェを読んだりしていると穀潰しの役立たずと罵られるご時世ですが、こういった「なんの役に立つのかわからん」種類の知が養ってくれるのは、「システムそのものを疑う」力、自分で新たな「問いを立てる」力です。これらは、翌月の収入を増やす力はありませんが、百年後の世界を変える力を持っています。
本来の知性とは、知る喜び、未知への憧憬です。金儲けの能力のことではありません。アルキメデスを「ユーリイカ!」と叫ばせ風呂から飛び出させたのは純粋な発見の喜びであって、「これでこんなイノベーションが起こせてこれだけ儲かる!」ではありません。知る喜び、未知への憧憬をもって世界を見れば、足元の一枚の落ち葉にさえ無数の小さな問いを見出すことができます。問いの内容はひとりひとり違うでしょう。ですが、そいういう小さな問いの積み重ねが、「生きるとはなにか」「自分は何者か」というような大きな問いを一段高いところから見つめるための足がかりになるはずです。
将来についての予測不可能性はどんどん高まっています。その予測精度を上げることはどうやっても不可能です。それは、くだらぬことで乱高下する株式市場に一喜一憂する賢い(はずの)富裕層をみるだけでもわかります。ですが、一見人生と無関係の学問でも、勉強すればするほど、将来の何がどのように予測不可能なのかについて、おのれのイメージを拡張することができます。いいかえれば、自分は世界の何をどのように知らないのか、を知ることができます。それはちょうど、日本の中にいるだけではわからなかった日本文化の特質を、海外の文化に触れてはじめて思い知るのと同じことです。そしてそのような目を持つことが、自分が世界のどこにいるかという地図と、これからどうするべきかという羅針盤を得ることになるのだと思います。
地図の獲得がまた、たまたま出現しなかったけれどひょっとしたらあり得た別の世界について思いを馳せる想像力にもつながるでしょう。現状に適応するのに精一杯の生活の中でも、あのときあそこでこうしていたら今とはちがう別のこんな世界やあんな世界だってあり得たはずなのだとありありと想像する力は、現実世界そのものを疑うために必要な力です。そしてそれは人間にとって本質的に不可欠なものではないか、と思うのです。現実世界をよりよい方向に変えていこうとする意志はそこからしか出現のしようがありません。それがなければ人間は知恵のついた猿とどう違うのでしょう。そういうわけで、芸術を含む「なんの役に立つのかわからん」ような知性こそ、人間を人間たらしめる本当の叡智であり、百年後のよりよい世界を築く力の源泉なのだと思います。

 


 

学問の自由

 20201008

官房長官時代、どんなにまっ黒でも「批判は当たらない」「適切に対処している」「個別の事案にはお答えできない」とのみ言い続け、忠犬たちを手なづけて追求を免れてきたパンケーキおじさん。いまだに国会も記者会見もやらない(原稿朗読会や忠犬餌付け会はやったようですが)彼の政権が最初に放ったメッセージが「学問の自由へのサポートは終了します」。焚書坑儒と地続きの愚行です。寄生虫が宿主の生き血を吸いすぎておのずから滅ぶような愚かな所業を8年近く続けてきて、まだ足りぬとみえます。
今回、新たに発明した「俯瞰的総合的観点からの判断」という無内容の便利語彙を引っさげて、今後ますますご活躍され、宿主はますますやせ細っていくのでしょう。


 

茅野市美術館企画展

 20200910

茅野市美術館での企画展「CONTACT - つながる情景」が無事終了しました。

企画し運営してくださった美術館スタッフのみなさん、足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

八ヶ岳に移住してから今までの中から選んだ絵画作品を広い会場で一堂に展示していただいて、自分でも「こんなにたくさんがんばってきたんだなあ」となんだかしみじみしました。ギャラリートークは予想どおりしどろもどろでしたが、とにかく一区切り。次へ向けて気持ちを新たに制作に励みます。

 


 


 

21世紀の縄文人展はじまりました

20200721
北杜市考古資料館にて「21世紀の縄文人展」が始まってます。
考古資料館なのに、現代のアート作品の展覧会。10人の自称縄文人(?)作家が現代の縄文をテーマに出展します。8月23日まで(火・水休館)。
以下は、ぼくの出展作品のキャプションより
 ↓
「縄文人はおそらく、厳しい自然に翻弄され、目に見えぬ巨大な力におののいて、それでも懸命に生きた人たちです。そういう彼らが土や木や石に込めずにいられなかった祈りのかたち・強さは、現代人が絶対に想像できないもののひとつでしょう。
現代の社会は、誰かに見せつけるため、あるいは金銭を得るために作られたものであふれていますが、うわべだけが整えられたそれらは目を喜ばすことはあっても心を感動させることはめったにありません。認められたいとかカネがほしいとかいう欲得勘定以外のものが込められていないからでしょう。一方で、縄文の造形に目を転じたとき、それらがひとを感動させるのは、その形をその形たらしめた、彼らの生きざまそのものがそこから伝わってくるからではないでしょうか。
それは、計算や技巧だけをいくら凝らしても宿らせることのできないものであり、そこにこそ芸術の本質があると思うのです。
誰かの作ったものが、作り手のもとから離れてもなお、その人の生きざまを伝えることができる。それを感じ取ってそれに感動することができるのは、人間だけがもつ不思議な力です。
21世紀に生きる自分の作品にそういった感動を込めるにはどうしたらいいか、悪戦苦闘しながら制作しています。」


つばめ

20200626
つばめ アクリル絵の具


麓人舎はじめました

20200521
ぼくと妻の二人組で「麓人舎」という名前で、ふたりでデザインしたグッズの販売をすることにしました。まだ品数は少ないですが、creemaとminneで通販もはじめました。よかったらのぞいてみてください。
いまのところ、てぬぐい、トートバッグ、妻の制作した豆皿、を出してます。
近いうちに、こうもりイラストのついたこうもり傘とか、野鳥Tシャツとか、出せるよう企んでおります。

creemaはこちら

minneはこちら

https://www.creema.jp/c/ujakutei

ふくろう手ぬぐい

20200517
ねむそうな顔のふくろう手ぬぐいができました。黄色と藍色の2色。
ふくろうたち、少しずつ顔かたちが違います。さて、何種類いるでしょう?
勢いあまってたくさん作ってしまって、どうしようかなあ…
作ってくださったのは手ぬぐい工房ポスター堂さんです。

https://www.posterdo.co.jp/
裏まで色がちゃんと通っていて、すてきなできばえです。




こうもり

20200516
かねてより多大なる不評をいただいております「こうもり」シリーズですが、さらにかわいくなさがアップしてお得になりました。